エンジニア 平田一郎

エンジニア 平田一郎

HIRATA

なんでも試してみる。

スマホアプリ開発チームを担当。

実は、もともと建築関係の仕事に就きたいと思っていて、大学は建築系の学部に進んでいました。意匠計画、構造、環境や構造構成を学ぶ中で、たまたまプログラミングを学ぶことを勧められたのがITに触れたきっかけですね。より発展的なプログラミングを学んでみたいという気持ちから、建築系企業のシステム子会社に就職。その会社に勤めていた時にプロジェクトでリゾームのエンジニアと知り合ったのが、リゾームに参加するきっかけでしたね。

当時のリゾームは大手広告代理店向けにマーケティングに利用する時期列解析(ARモデル)に関するプロトタイプシステムやクローラーの開発をJavaとHadoopで行ったりしていました。その頃はシステムやアプリケーションと言えば、従来のクライアントサーバー系システムからWeb系へと移行が進んできたところでしたが、2008年のiPhoneの発売から流れが変わってきました。
以前はPCしかありませんでしたから、何か調べものをするのでもずっとPCの前にいる必要がありましたが、スマホやタブレットが出てきてからは、ユーザーのライフスタイルに合わせてそれらをどこでも使うことができる。スマートデバイス中心の生活にシフトしてきていることを実感しています。現在では、スマホアプリ開発チームの副部長として、社内のスマホアプリ開発プロジェクトに携わっています。

自分が正しいと思うことをやること。

最近では、部下の市川くんに一部任せていますが、リゾームの開発実績に掲載させていただいているスマホアプリ開発プロジェクトは、基本的に僕がマネージャーとして企画フェーズから参画しています。プロジェクトにおいては、お客様への見積もりや技術的な提案に始まり、UI設計や画面デザイン、機能の実装まで担当します。もちろん、他に開発メンバーもいますので、全体の進行管理も行います。

要件定義、UI設計はアプリの出来を決める大切なフェーズなので、「自分が正しいと思うことをやること」を大事にしています。お客様のご要望や要件に対して、実際にアプリを利用するのは直接取引をさせていただいているお客様の先にいる、アプリをダウンロードして使うユーザーなんですよね。アプリを利用するユーザーのニーズを満たすものであるかどうかという観点で、ユーザーが使うことを想定した際に僕の思う意見が正しいと思えば、迷わず意見します。もちろん、意見を言うからには裏付けや理由も含めて説明します。そうしてお客様と意見交換しながらアプリを作っていくことができるから、ユーザーにも気に入ってもらえるアプリにできると思っています。

hirata4

新しい技術は、Workshopで。

スマホアプリ開発は新しい分野なので日々、新しい技術が生まれています。それらを使ってメンバーで色んなアプリを作ってみたくて、毎月Workshopを主催しています。開発プロジェクトでもそのまま利用できるようにデモを作ったり、技術ドキュメントの解説を行ったり、積極的に試してみるようにしていますね。Nifty Cloud mobile backendも、僕が会社で一番最初に検証しました。Google Places APIの利用も、Workshopでスマホアプリに組み込んでみたのが実プロジェクトでの利用のきっかけですね。スマホアプリ開発プロジェクトで利用する技術は先進的なものを取り入れて来ることができたと思っています。ただ、Workshopは毎月第1土曜日に実施しているのでなかなか来れないメンバーもいて。平日ランチタイムの社内勉強会を今年は提案しようかな、と思っています。

僕はエンジニアですけど、こういう自発的な提案活動や主催しているWorkshopの開催など、自由に任せてくれるのはリゾームのありがたいところですね。たぶん、決められた仕事しかできない環境だったら、つまらないと思うんです。クリエイティブな発想も、自分が提案したお客様のプロジェクトだからこそ、普段以上に発揮できると思います。
もちろん社内メンバーだけでなく、お客様からもmBaaSなどの新しいサービス、仕組みの提案を受け入れてもらえているのはエンジニアとしてはとても嬉しいですね。Workshopで事前に検証した経験・知見があるから、実務でもスムーズに取り入れることができていると思います。やりたかったことが学習、検証を経てどんどん実務で実現できているということにやりがいを感じますね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)