エンジニア 市川幸一

エンジニア 市川幸一

ICHIKAWA

ずっと、最新技術を知っているマネージャーになりたい。

若いうちから、マネジメントを任せてくれるから

リゾームに入社した理由は、年齢や経験に関係なく、「やりたい」という気持ちに応えてくれる会社だと感じたからですね。
実は、僕は学生時代にeスポーツサークルで代表を務めていて。友人とスマホアプリを開発してビジネスコンテストに応募したり、メンバーの調整や新しい企画を考えるということを日常的に行ってきたので、マネジメントや企画・提案がどんどんできる仕事に就きたいと思っていました。
マネジメント職や企画職にも応募しましたが、面接を受ける中でプロジェクトマネジメントは経験豊富な方が担当することが多い、と言われましたね。10年は技術を極めた人じゃないと、プロジェクト管理はできないのかな?と思ったこともありました。

そんな時に、リゾームと出会いました。マネージャー志望として、若いうちからプロジェクトマネジメントをやってみたい、と言ったら取締役の塩野が興味を持ってくれて。リゾームはベンチャーやスタートアップ企業のようにガンガンいくタイプではないですけど、チャレンジさせてくれる風土があった。この会社なら、いろんなことができると感じて入社を決めました。

やりたかったことが、今できている。

2017年で入社してから4年が経ち、やっとプロジェクトマネージャーとして案件を任せてもらえるようになりました。実は入社してから1年間くらいは、インフラ運用保守のプロジェクトにいたんですね。Saas基盤の24時間/365日の運用保守業務で夜勤の仕事をしていました。その時はやりたいこととのギャップに戸惑いましたが、その期間があったから、今をすごく楽しめていると思っています。

直近では、iOSアプリの改修プロジェクトでマネージャーを担当しています。チームメンバーは3名と小さいプロジェクトですが、コーディングはせず、プロジェクトの進捗・品質管理や顧客折衝、技術調査や見積もりが主な業務ですね。仕事をする上では、何より意見を言い合える環境を作ることを大事にしています。プロジェクトのフラットな環境づくりに意識して取り組んでいるので、とても仕事はしやすいですね。メンバー同士の年齢も近いので、意見交換をしながら仕事に取り組めています。

作るだけじゃなく、育てていきたい。

マネージャーとは言えエンジニアなので、マネジメントスキルだけでなく最新技術には常にアンテナを張るようにしています。自分がIT業界に入ってからのこの4年間でも、新しいサービスがリリースされるスパンがどんどん短くなっていますけど、毎日情報を集めている人と、そうじゃない人との格差もどんどん広がっている。置いていかれないように、勉強する時間は大切にしていますね。

情報収集のためには、Qiitaのようなサービスを日常的に利用したり、セミナーに参加したりしますね。先日はプロダクトマネージャーの討論会に参加させていただいたんですが、とても刺激的で。実は、ずっとやりたいと思っていたプロジェクトマネジメントを経験して、次の目標は何にしようかな?と考えていたんですよね。
自社が持っているサービスをどんどん育てていく、ということにすごく興味が湧きました。サービスを作るより、サービスを育てていくことが難しいとはよく記事でも取り上げられていますけど、そこにチャレンジしたいなと感じます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)