社内制度について

社内制度について

リゾームには、社員を成長させ、会社を成長させるためのさまざまな制度があります。

研修制度

training_title

内定者研修

リゾームの新卒内定者には、毎年入社前の1月から3月までの3ヶ月間、内定者研修を実施しています。内定者研修ではJava、データベース(SQL)基礎、Linuxの基本操作など、これからエンジニアとして仕事をする上で必須になる知識や技術を、リゾーム独自のEラーニングとカリキュラムテキストを利用して学習します。
3ヶ月の期間内に内定者一人ひとりのペースで進め、課題のチェックや添削、個別相談は先輩社員とメールでも行いコミュニケーションを取りながら学ぶことができるので、文系出身の内定者の場合も入社前からしっかりと知識を身につけることができます。

ITCollegeでの新入社員研修

毎年300名の新入社員を教育、指導しているリゾームのITエンジニア教育専門サービスITCollegeの新入社員研修に、リゾーム以外のIT企業に勤める新入社員と一緒に参加します。3ヶ月間は実務のタスクは持たず、研修の課題をクリアすることに専念するので、プログラミング経験がない新入社員でもJavaプログラミングの経験をたくさん積むことができます。
研修は座学や個人での勉強だけでなく、同じクラスのメンバーとチームを作り実際のプロジェクトさながら、サービスの企画立案から開発、テストまでを行います。技術の習得はもちろん、同じプロジェクトチームのメンバーと一緒に仕事を進めるエンジニアの仕事が経験できるはずです。

OJT

研修終了後の7月から9月までの3ヶ月間はOJTとして、リゾームの先輩エンジニアと同じプロジェクトに参画し、先輩社員の下でプロジェクトメンバーの一員としてタスクを受け持ち、実務経験を積みます。指導につく先輩エンジニアの平均経験年数は3年間。自分たちがまだ経験していないことを知っている先輩にどんどん質問して、知識を吸収する絶好の機会です。

OJTとはいえ任せる仕事に制限はなく、設計や開発、テスト仕様書の作成などさまざまな場面で開発プロジェクトに参加し、スキルを向上することができます。

研修参加支援

配属後も、社員は能力向上を目的とした勉強会・セミナーに、業務時間中にも参加することができます。1年間に3回まで、有給休暇を取得することなくセミナーに参加することができるので、業務終了後の時間や休日でなくとも参加したいセミナーに通うことが可能です。

配属後はWebアプリ開発、スマホアプリ開発、インフラ環境構築と業種が異なるプロジェクトに配属となりますが、受講するセミナーに業種による制限はありません。

成長制度

growth_system

成長制度

リゾームには、会社と相談しながら、自分がどのようなエンジニアとして成長したいかを自ら決定できる「成長制度」というルールがあります。
成長制度は、社員の成長とキャリアプランを会社が支援し、また成果は働きぶりを正当に評価するための仕組みです。

社員は、新入社員も中堅社員も分け隔てなく、この成長制度に基づいて評価されます。
年に2回、半期ごとに行われる成長面談では、担当上長と一緒に半期の職務成果を確認したり、来期の達成目標を定めます。
評価は、マネージメント層が全員出席する成長支援会議にて決定され、本人へと客観的なアドバイスを含めてフィードバックされます。

半年間の自分の成果を振り返って分析するとともに、自分では気付かなかった成長を知ることで、社員はモチベーションを保って仕事をすることができます。
また、制度に基づいて給与や待遇もオープンになっているので、自分自身の成長度に納得して常に目標に向けて改善を考えながら、仕事の生産性を意識し、スキルアップし続けることができる仕組みです。

bus_system

事業創出支援

若手エンジニアに事業を立ち上げてもらいたいという気持ちを込めて、今年から始めた制度です。
新規事業や新サービスを立ち上げたい社員は、事業計画を考え、提案が承認されれば事業責任者としてその事業を立ち上げることができます。
立ち上げ資金や事業体制は会社が提供し、事業責任者は通常業務を削減するか、完全に事業に専念して事業の成功のために注力します。
立ち上げた事業が収益に繋がった場合には、その収益の一部を事業責任者にインセンティブとして還元します。

社内イベント

定例会

定例会

リゾームでは、毎月第2金曜日恒例の「定例会」を実施しています。
定例会には、外部のプロジェクトに参画しているエンジニアも帰社し、社員同士で交流を深めます。
現在勉強している技術についてのプレゼンやセミナーのフィードバックでは意見交換をしたり、毎月社員の誕生日をお祝いしたり、新しく入社する社員の歓迎会を行ったり…。
リゾームのマインドをトップダウンで共有する場ではなく、普段は異なるプロジェクトで仕事をする社員皆が参加して、それぞれ意見を交換し合うことで、新しいアイディアが生まれています。

ワークショップ

WORKSHOP

リゾームでは毎月第一土曜日にWORKSHOPを開催しています。毎月テーマを決めて、参加メンバーが技術共有のプレゼンを実施。普段は異なる業務に就いているメンバーも、新しい知識に触れることができます。
リゾームのリリースしてきたスマホアプリには、このWORKSHOPで開発されたものもいくつか。
WORKSHOP以外にも、AWSを学びたいエンジニア向けの「AWS人間」、IT教育講師に興味があるエンジニアには「講師トレーニング」と、さまざまな勉強会が開かれています。
2017年度からは、平日昼休みの時間を活用したランチ勉強会をスタートする予定です。

ランチミーティング

ランチミーティング

ランチミーティングは、社長と一般社員がランチを食べながら1対1で話す機会です。会社への提案、現在の悩み、仕事に対する目標など、社員の声を会社の経営に反映するために行っています。

部活動

部活動

リゾームにはエンジニア同士で活動する部活動があります。写真、バンド、サバゲー、有志でさまざまな活動を行っており、趣味が合うメンバーがいれば、どんな部活でも始めることができます。

福利厚生

  • 年次有給休暇

    勤続年数に応じて、年次有給休暇を付与しています。半日単位から取得可能です。

  • 通勤交通費支給

    通勤手当は全社員一律、どこに住んでいても毎月5万円を上限に支給されます。
    また、自宅から最寄り駅までの距離が直線で2km以上離れている場合には、バス定期代または自転車の駐輪場費用を支給します。

  • 社会保険完備

    「雇用保険」、「健康保険」、「労災保険」、「厚生年金保険」を完備しています。
    リゾームが加盟する関東ITソフトウェア健康保険組合の各種保養施設を割安料金で利用することも可能です。

  • 健康診断・人間ドック

    毎年年に1回、夏には有給休暇を取得することなく全社員が健康診断を受診することができます。基本健診は会社が負担するため、個人の負担額はありません。
    人間ドック、婦人科検診などオプションは必要に応じて受診することができます。

  • 地方新卒手当

    リゾームに入社するために関東県外から一都三県(東京、埼玉、千葉、神奈川)に引っ越し、一人暮らしをする新卒社員に対して、入社から6ヶ月間月額2万円を支給します。

  • 引っ越し手当

    自宅を引っ越した際に、定期代がそれまでの交通費よりも安くなった場合に、新しい交通費との差額6ヶ月分を一括で支給しています。
    神奈川、千葉、埼玉など東京都外に住む若手社員の通勤時間短縮のために考案された制度です。

  • 書籍購入支援

    業務に役立つ書籍は書籍購入支援制度により、年間1万円まで会社が負担します。購入した技術・専門書籍は社員個人の資産として扱うことが可能です。
    また、会社を通じて購入すると、インプレス社の書籍は20%OFF、技術評論社の書籍は10%OFFで購入することができます。

  • 資格試験受験料支給

    当社が定める認定資格に合格した場合、受験料を全額支給しています。
    2017年度は「IPA情報処理技術者資格」、「Cisco Systems認定資格」、「Oracle認定資格(Database,OCJ-P)」、「LPI認定資格(LPIC)」などが対象となりますが、実務に役立つものであれば相談することができます。

  • 産前・産後休暇

    6週間以内に出産する予定のある女性社員は、産前休暇を取得することができます。
    また、出産後は8週間の産後休暇の取得も可能です。

  • 育児休暇

    産後1歳に満たない子供を養育する女性社員は、育児休暇を取得することができます。
    また、就業中には休憩時間以外に1日2回、1回30分の育児時間を取ることも可能です。

  • 子供の看護休暇

    小学校に入学するまでの子供を養育する社員は、年次有給休暇とは別に1年間につき5日間、
    子供が2名以上の場合は1年間につき10日間まで、病気になった子供の看病のために看護休暇を取得することができます。

  • 介護休暇

    家族の介護を行う社員は、家族1名につき原則93日間まで介護休暇を取得することができます。

  • 確定拠出年金

    確定拠出年金とは、会社が掛け金を拠出し、加入者である社員が運用する年金の種類です。
    加入年数に応じて、退職後に年金を受給するために積み立てを行うことができます。

  • 子供手当

    義務教育終了前の子供がいる社員には、子供一人につき月額1万円を支給しています。

  • 保養施設

    関東ITソフトウェア健康保険組合の保養所やスポーツ施設などを格安で利用できます。