スマホアプリ開発

スマホアプリ開発

リゾームには、6年間培ってきたスマホアプリ開発の実績があります。

アパレル企業のPOSレジアプリ、スマホ決済アプリ、飲食店やサロンの店舗予約アプリ、
観光・旅行サービスの予約アプリ、葬儀業界で利用するSNSアプリから公共サービスで利用する地図アプリ…
幅広い分野でスマホアプリを開発したノウハウがあります。

企画・提案からUI/UX設計、スマホアプリを動かすクラウド環境構築と開発、
そしてApp Store、Google Playへのリリースに必要な手続きまで、
スマホアプリ開発を熟知した当社のスタッフがワンストップで対応します。

smartphone_img

STRENGTH

豊富なクラウド環境、mBaaS環境構築ノウハウ
リゾームのスマホアプリ開発は、AWS(Amazon Web Services)、NCMB(Nifty Cloud mobile backend)といったクラウド環境下で行います。クラウドサービスを利用することで、従来のオンプレミス環境に構築するサーバーを運用するよりも運用・管理にかかるイニシャル・ランニングコストを抑えることが可能になります。
また、クラウドサービスが提供する「プッシュ通知」「SNS連携」「位置情報検索」「データ分析」などのさまざまな機能を組み合わせることで、フルスクラッチで各機能を開発する必要がなくなり、開発コストを下げながらスピーディーに構築を進めることができるため、全体的な開発コストの削減に繋がります。

Xcode最新バージョン対応
リゾームでは、iOSアプリの開発の際、常に最新のXcodeによるリリースを行うことを徹底しています。
Xcodeは、iOS・MacOS向けアプリケーション開発に用いる開発環境です。Xcodeは、毎年iOSのバージョンアップデートに合わせてアップデートされ続けており、2~3世代前のXcodeで開発されたiOSアプリはApp Storeに公開することができません。また、iOSのアップデートにより、今動いているiOSアプリに障害・バグが発生するケースも多々見受けられます。
リゾームはこうしたリリース後のバージョンアップ対応に備えるため、OSごとの仕様変更やセキュリティ要件の変更を常にキャッチアップし続けています。新しいOS、新しいバージョン、新しい仕様を先取り・検証することで、いざ、という時のリスクを軽減します。

リリース審査への知見
iOSアプリを世の中に出すためには、Appleの実施するアプリケーション審査を通過する必要があります。厳密に定められた審査基準があり、その中にはパフォーマンス、アプリケーション自体の価値、さまざまな観点で審査が行われます。リゾームは、それらの規定を定めるApple Review Guidelinesに対する豊富な知見を提供します。
過去6年間スマホアプリを開発・リリースしていく中で、当然Apple Review Guidelinesの規約も更新され続けてきました。リゾームは常にこの規約の理解を深め、仕様策定や要件定義、UI/UX設計、実装、配信コンテンツの作成などあらゆる工程でリリース審査をパスできるように努めています。

提供サービス

 要件定義・UI/UX設計

リゾームのスマホアプリ開発は、要件定義からリリースまで、一人のエンジニアがワンストップで行います。要件定義フェーズでは、お客様が求めるスマホアプリのイメージをヒアリングした上で、ユーザーに使われるスマホアプリとしてのあるべき姿をご提案します。
エンジニアがお客様のご要望をUI/UX設計に落とし込み、画面モックを開発しながら仕様を策定していきます。デザインや操作感、コンテンツの導線など、仕上がりイメージを実際の画面でチェックできるため、エンジニアとお客様とが同じ目線で開発を進めることが可能です。

 設計・実装

スマホアプリを動かす方法は大きく3つ。SwiftやObjective-C、Android Javaを用いたネイティブアプリの開発と、Webアプリをスマホアプリ上で動作させるモバイル・Webアプリの開発。そして、それらを組み合わせたハイブリッドアプリの開発です。
リゾームはいずれのケースも対応します。「デバイス端末のカメラ機能、位置情報機能を利用したアプリを作りたい」、「なるべくOSアップデートによる更新対応などの予算を抑えたい」といったご要望や機能性、運用性、セキュリティ性などの観点で提案・開発を行います。

 リリース

App Store、Google Playへのスマホアプリ公開・リリース対応の実績は実に6年以上。リリース審査への申請に必要なアカウントの登録やリリース対応も当社が代行していますので、お客様は事務作業に時間を割く必要はありません。Apple Developer Programについては、アカウントの登録だけでなく管理代行も行っておりますので、リリース後の管理も可能です。
また、各ストアへの一般公開だけでなく、お客様社内担当者のみが利用するビジネスアプリの場合は、社内環境や該当のデバイス端末に限定した開発・提供も行っています。

 改善運用・保守

スマホアプリを公開した後は、Firebaseの提供するデータ分析機能を用いて、アプリをダウンロードしたユーザーの行動や広告のクリック数など、ユーザーに関するさまざまなデータ情報を取得・分析することでよりユーザーのニーズに沿った改善を行うことができます。

スマホアプリはリリース後も継続的に更新を続けることでサービスが育ち、ユーザー数の増加やマーケティング成果の向上を見込むことができます。リゾームは開発を担当するだけでなく、お客様のサービスの成長をサポートし続けます。

WORKS

FAQ

 相談や見積もりは無料ですか?
はい、無料です。まずはお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。
 スマホアプリ開発を依頼する際、準備することはありますか?
打ち合わせの中で、貴社のスマホアプリ開発の目的や達成したい目標について詳しくヒアリングさせていただきます。 その際、スマホアプリ化するサービスの概要やコンセプト、運用体制など、資料をご用意いただけますと認識の漏れなくスムーズに進めることができるかと存じます。 提案の際にご要望次第で機密保持契約、業務委託基本契約を締結の上、ご提供いただいた情報については社内セキュリティでの管理の上、利用させていただきますので ご安心ください。
 どのようなスマホアプリ開発実績がありますか?
リゾームの開発実績に掲載されているスマートフォンアプリ開発実績ではすべての環境構築を当社が担当しています。 これまでに、SNS、飲食店・サロンなどの予約、スマホ決済、旅行やクレジットカードの申し込み、公共サービスの地図検索、就活、お薬手帳など、幅広いアプリの開発をご依頼いただいています。 もちろん、上記以外のアプリの開発も行いますのでお気軽にお問い合わせください。
 スマホアプリ開発の期間はどのくらいかかりますか?
1ヶ月から6ヶ月かかるものまで、さまざまです。 プロトタイプの開発、WEBシステムと連携するスマホアプリの新規開発、Androidアプリからの移行、既存アプリの改修、状況によりお見積りさせていただきます。開発期間はお見積りの段階でお伝えできますが、導入時期のご希望がある場合にはお打ち合わせの段階でご相談いただければ、極力ご要望に沿うよう調整いたします。
 他社が開発したスマホアプリの運用・保守は可能ですか?
対応可能です。ただし、今までご依頼されていた企業との契約内容や著作権の関係によって、対応できないケースもあります。スマホアプリのソースコードやご契約書を開示していただけましたら確認いたしますので、ご相談ください。
 開発後のサポートはありますか?
別途、運用保守契約を締結することでサポートは可能です。 料金については、保守範囲と作業内容に応じて、個別にお見積りいたします。 または、当社で提供しているiOSアプリ開発サポートサービスを組み合わせた運用も可能です。 作業ボリュームによっては、こちらのサービスでご契約いただいた方が月々のランニングコストを抑えられるため、おすすめしています。
 指定した場所に常駐して開発することはできますか?
当社の人員状況や場所、開発規模に応じて、常駐しての開発も可能です。
 アプリのリリース申請や、各種デベロッパーアカウントの登録も含まれますか?
はい、当社が全面的に対応します。すでに各ストアの登録アカウントをお持ちのお客様の場合は、当社にアカウント情報をご連携いただけましたら対応可能です。 一括請負開発のご契約のお客様には、お見積りの段階で各対応費用をご提示させていただきます。
 スマートフォンサイトをアプリにすることはできますか?
はい、可能です。ただし、各ストアの審査がありますので、それぞれの審査基準に則り審査をパスできるように、画面デザイン、機能を提案させていただきます。
 ストアに公開せず、企業内で利用するスマホアプリの開発もお願いできますか?
はい、可能です。社内配布で利用するiOSアプリの場合は、ストアに公開するアプリと同様にApple Developer Programのアカウント登録が必要になります。当社でもアカウント取得代行を行っておりますので、お気軽にご相談ください。 また、Androidアプリの場合、社内配布であれば特にストアへの手続きは必要ありません。利用ユーザーに配布するだけで使用することが可能です。
 他の企業が制作したデザインで開発を依頼することはできますか?
はい、可能です。ただし、ご連携いただいたデザインが、アプリ審査の基準に沿うものかどうか確認させていただいた上で、お見積りいたします。また、開発中のデザイン、UI/UX変更のご要望に関しては、制作をご担当された企業に修正・手入れをしていただいた上で、修正後ファイルをご連携いただくというフローとなりますので、あらかじめご了承ください。