AWSを活用したクラウド環境構築

AWSを活用したクラウド環境構築

ECサイト新規構築に伴う
AWSを活用したクラウド環境構築

ECサイトの新規構築に伴い、PHPのECパッケージソフトウェア「CS-CART」とAWS(Amazon Web Services)のサービス(EC2・S3・Cloud Front)を連動。ECサイト管理担当者・サイトに出店する登録販売店の責任者・開発者・既存VPNへ接続する方がそれぞれセキュアに接続できるよう、各ゾーンのアクセスレベルを定義し、セキュリティ要件を満たした環境構築を実施しました。
B2C
AWS
クラウド環境構築
開発期間3ヶ月
S3
EC2
Cloud Front
Elastic Load Balancing
Route53
RDS
Elastic IP

FUNCTION

初期構築コスト、運用費を削減する。

従来、オンプレミスサーバで環境構築を行う場合には、物理設計、インフラ機器の調達と物理的な構築を踏まえたフローを踏む必要がありました。

オンプレミス環境構築フロー:
要件定義 > 論理設計 > 物理設計(関連機器・ファシリティ・ケーブリングなどの選定) > 調達 > 構築 > テスト

クラウドサービスを活用して環境構築を行うことで工程が減り、構築にかかるコストを大幅に削減することが可能です。

クラウド環境構築フロー:
要件定義 > 論理設計(通信・負荷分散・セキュリティ・高可用性・監視) > 構築(リモート) > テスト

物理的なインフラ機器を選定する必要がないため、初期コストや設置場所の問題を度外視し、スピーディーに環境構築を行うことができます。また、リモート接続で環境構築を行うため、マシンスペックの変更やストレージ容量の増減など、構成の変更も容易なため運用コストの削減にもつながります。

特定の権限を持つユーザーを認証する。

ECサイトに出店する特定店舗の管理者権限を持つユーザーのアクセスするサーバーのみ、SSLクライアント認証技術を利用。これにより、事前にクライアント証明書を配布したユーザーのみが管理画面へアクセスできる堅牢な仕組みを構築しました。

環境構成図

構築前

ECサイト新規構築に伴うAWSクラウド環境構築_before

AWS環境構築後

ECサイト新規構築に伴うAWSクラウド環境構築_after

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)