リゾームロゴ

当社の社名は、フランス哲学用語「リゾーム(rhizome)」に由来します。
「リゾーム」とは本来植物のうち、地中に伸びる性質を持つ「地下茎」を表す言葉ですが、
フランス哲学においてはその形状から、ツリー構造と相反する存在として、
横断的な組織体系を指す比喩的用語として用いられています。

トップダウンで進む企業ではなく、社員ひとりひとりの自主性や考え方を重んじる
ボトムアップ企業でありたい、という想いを込めてリゾームと名付けました。

当社のロゴには、「地下茎」をイメージした土色と、企業理念である「成長追求」が連想されるように
伸びていく葉をあしらい、個人の意見と成長を大切にする企業風土を示しています。

企業理念

rhizome_idea

自分の成長を実感する瞬間はいつでしょうか?

新しい技術やノウハウを習得できたとき?仕事の成果を褒められたとき?
任されたプロジェクトが大成功したとき?自分の決定できる裁量が増えたとき?
それとも、自分の仕事を後輩に任せて、新しい仕事のスタートを切ったとき?

どんな場合でも成長とは、「あとから実感する」ものです。
そして、実感する前には必ず「一生懸命、本気で、仕事に取り組む」過程があります。

仕事をつまらないと思うかどうかは、自分の考え方次第です。
同じ仕事をするのでも、昨日よりも新しいことにチャレンジする。
上を目指したらキリがないけど、満足しない。
よりスピーディーに、ロジカルに、…1秒でも、昨日の自分よりも良くなっていたい。

リゾームは、ITで昨日より今日を、今日より明日を良くしていく会社です。

MESSAGE

「システム開発とITエンジニア教育で成長を実現したい。」

eizawa

リゾームは現在まで15年間、さまざまなエンジニアを迎え入れながら成長してきました。転機は創立4年目。私自身、一人のエンジニアとしてさまざまなプロジェクトを経験するうちに、「自社独自の価値を提供したい」と考えるようになり、社内での受託開発と新卒採用を始めました。

IT業界はスピード感が速く、新しい技術はどんどん発展していきますが、ビジネスモデルはどの企業もとても似通っています。小さい会社は自社の強みを持って、他社よりも選ばれる会社でなければ生き残り、成長していくことはできません。

現在まで11年間、社内での受託開発で「モノづくり」をして蓄えてきた、アプリからインフラまで対応できる総合的なナレッジと、社員同士でチームを組み、組織として仕事をしていく推進力が当社の強みです。また、今後会社を拡大していく上では、新卒社員や未経験者をイチから育てるノウハウが必ず必要になる、という考えでスタートした新卒採用が功を奏し、現在ではITエンジニア教育という新しい事業を展開するに至りました。

これからもリゾームは、現在までの当社のスタイルである「成長追求」を大切に、今後もより多くのお客様にご愛顧いただけるサービスを展開できる環境を作り、社員、お客様、当社に関わるすべての人と一緒に成長していきます。

社判

CULTURE

floor1
teirei3

「定例会」

リゾームでは、毎月第2金曜日恒例の「定例会」を実施しています。

リゾームの定例会は、経営方針やマインドをトップダウンで共有する場ではありません。定例会には外部のプロジェクトに参画しているエンジニアも帰社し、社員同士の交流を深めます。
現在開発プロジェクトで利用している技術のプレゼンやセミナー内容のフィードバックでは意見交換をしたり、社員の誕生日をお祝いしたり、新しく入社する社員の歓迎会を行ったり…。
普段は異なるプロジェクトで仕事をする社員同士が参加し、それぞれ意見を交換し合うことで、新しいアイディアが生まれています。

定例会の後は、気の合うメンバーで飲み会に行く、部活動ごとに社外活動をする、担当上長と打ち合わせを行うなど社員それぞれが自由に交流しています。

growth_system

「成長制度」

リゾームでは、社員の成長を促す「成長制度」を設けています。
社員は、新入社員も中堅社員も分け隔てなく、この成長制度に基づいて評価されますが、成長制度は給与や待遇を決めるだけのものではなく、社員が元気にやる気をもって仕事に取り組めるようにまとめた、リゾームの基礎になる制度です。

年に2回、半期ごとに行われる個人面談では、担当上長と一緒に半期の職務成果を確認し、来期の達成目標を定めます。評価は、マネージメント層が全員出席する成長支援会議にて決定され、本人へと客観的なアドバイスを含めてフィードバックされます。
半年間の自分の成果を振り返って分析するとともに、上司からのフィードバックによって自分では気付かなかった成長を知ることで、社員はモチベーションを保って仕事をすることができます。また、制度に基づいて給与や待遇もオープンになっているので、自分自身の成長度に納得して常に目標に向けて改善を考えながら、仕事の生産性を意識することができます。

workshop1

「社内勉強会」

リゾームのエンジニアはとにかく新しいモノ好き。それぞれ興味のある技術分野の習得に向けて、さまざまな勉強会が自主的に開催されています。

・スマホアプリを学びたい人は毎月恒例のワークショップ
・CCNAなど資格取得を目指す人には、ネットワーク基礎を学ぶネットワーク勉強会
・AWSを学びたい人には「AWS人間」
・エンジニア教育に興味がある人は「講師トレーニング」…

ひとりのエンジニアがプロジェクトで携われる技術領域には限りがありますが、それぞれが得た知識をナレッジとして共有して、皆で一緒に勉強していこう、という気持ちをサポートする風土があるからこそ、勉強会も継続的に行われているのだと思います。

リゾームへの採用エントリーをご検討されている方は、下記より詳しい情報をご覧ください。
リゾームの社内制度について